page contents

藻岩颪に豊河の流れ。

名前:べえべえ 生息地:ほっかいどうでっかいどうはいどうどう ほとんど気楽な食レポが多いですが北海道内のダム訪問・ダムカード収集・神社訪問・御朱印収集にも目覚めてしまいました。


スポンサードリンク
 

【御朱印】石狩郡当別町 弁華別神社

弁華別神社(べんけべつじんじゃ)は北海道石狩郡当別町弁華別435番地2にある神社で旧社格は無し。御祭神は神武天皇(じんむてんのう)、媛蹈鞴五十鈴媛命(ひめたたらいすずひめのみこと)で例祭日は9月4日。

 弁華別の地名由来は付近の沢川の名前から来ておりアイヌ語で、「ペンケチペナイ<penke-ti-pes-nai>川上・沿って下る・川」の意味です。下流側<panke>にあたる川はパンケチュウベシナイ川なのだろうか。

 弁華別への入植は、下流の当別本村に入植した仙台藩岩出山伊達家の家臣団とは違い、福岡県からの団体移住50戸が明治16年に入植したのを始まりとします。昭和57年には開基100年を迎えました。

f:id:ksn-bee:20190703001228j:plain

大正5年測図、昭和10年修正地形図

f:id:ksn-bee:20190702125029j:plain

弁華別神社

以下は、北海道神社庁サイトから。

【由緒】
 福岡県人の柴藤善三郎が弁華別に移住者1団を率いて入植、明治26年その功績を讃え記念碑を建立後に有志相寄り明治38年神武天皇と同皇后を祀り橿原神社の遥拝所を建立。
更に43年社殿を造営した。昭和7年弁華別開拓五十年記念事業として全面改築する。

【所在地】
〒061-0208 石狩郡当別町弁華別435番地2
【例祭日】
9月4日
【祭神】
神武天皇(じんむてんのう)
媛蹈鞴五十鈴媛命(ひめたたらいすずひめのみこと)

辨華別開拓百年之碑(昭和57年9月建立)と紫藤善三郎之碑(筑前の人でこの地の入植に尽力した)

f:id:ksn-bee:20190703001239j:plain

f:id:ksn-bee:20190703001251j:plain f:id:ksn-bee:20190703001303j:plain

地神碑

f:id:ksn-bee:20190703001320j:plain

手水舎

f:id:ksn-bee:20190703001334j:plain

石灯籠(昭和4年9月建立)

f:id:ksn-bee:20190703001357j:plain f:id:ksn-bee:20190703001345j:plainf:id:ksn-bee:20190703001409j:plain

狛犬(昭和4年9月建立)素敵な顔付きの狛犬で左側は玉を咥えています。

f:id:ksn-bee:20190703001429j:plain f:id:ksn-bee:20190703001419j:plainf:id:ksn-bee:20190703001440j:plain

f:id:ksn-bee:20190703001450j:plainf:id:ksn-bee:20190703001502j:plain

開拓記念碑(昭和7年9月建立)

f:id:ksn-bee:20190703001515j:plainf:id:ksn-bee:20190703001538j:plain f:id:ksn-bee:20190703001526j:plain

御朱印

無人の神社ですが、本務社の当別神社で戴きました。

初穂料は300円。

f:id:ksn-bee:20190703001549j:plain

www.moiwa-orosi.com

www.moiwa-orosi.com


スポンサードリンク