page contents

藻岩颪に豊河の流れ。

名前:べえべえ 生息地:ほっかいどうでっかいどうはいどうどう 最近ちょっとお疲れ気味。

【御朱印】河東郡士幌町 士幌神社

士幌神社(しほろじんじゃ)は、北海道河東郡士幌町字士幌東4条2丁目1番地にある神社で旧社格は村社。御祭神は大國魂神(おおくにたまのかみ)、大己貴神(おおなむちのかみ)、少名彦名神(すくなひこなのかみ)の所謂開拓三神で例祭日は9月15日。

士幌市街地の住宅街の一角にある神社で比較的コンパクトに纏まった神社です

士幌町

士幌の開拓は十勝国の開拓が軌道に乗り始めた明治19年から、10年後の明治31年に岐阜で設立された美濃開墾合資会社一行(43戸)が入植したのが始まりです。

1898年(明治31年):美濃開墾合資会社の一行が中士幌に入植。
1913年(大正2年):堀田正恒が農地開拓を行う。
1921年(大正10年):音更村(現在の音更町)から音更村、東士狩(ひがししかり)村、凋寒(しぼさむ)村の一部が分村し、川上村(かわかみむら)となる。
1925年(大正14年):川合村(現在の池田町)のうち、大字居辺村の一部を編入。士幌線開通(1987年廃止)。
1926年(大正15年):川上村から士幌村と改称。
1931年(昭和6年):上士幌、上音更、居辺の一部が分村し、上士幌村(現在の上士幌町)となる。
1933年(昭和8年):池田町大字居辺村の一部(下居辺地区)を編入。
1962年(昭和37年):町制施行し、士幌町となる。

地名由来はアイヌ語ですが諸説あり特定されていません。
北海道環境生活部アイヌ政策推進局アイヌ政策課「アイヌ語地名リスト」では、
・スポロ<suporo>滝の如き急流{激流の所}この所大岩石峨々として一つのシユホロをなしたり。松浦武四郎
 ・スオルペッ<su-oru-pet?>鍋川?昔アイヌが鍋を川に入れたためという。今士幌川というのは松浦地図に「シユポロ」とあるため誤ったものである。永田方正地名解
・(スホロペッ)(su-horo-pet)(鍋・を水につけた・川)〈語義のわからない名である。永田説は戦争があって、 鍋を水につけたまま逃げたとの伝説によったもの。その意味なら のように考えられていたのだろう。〉 山田秀三補足

士幌町HPでは『アイヌ語の「シュウウォロー」が転訛して名付けられたものだと言われています。”広大な土地”を意味した「シュウウォロー」の発音を訛って変化させ、今の町名「士幌」ができました。』
なんか変なこじつけ・・・

令和4年発刊の開町100周年記念誌「士幌のあゆみ 開町100年」には”広大な土地”なんて訳は一言も書いてなく鍋伝説の事が書かれていて、”広大な土地”なんて一体誰が考えついたのか?

個人的には鍋説推しですわ

士幌神社

以下は、北海道神社庁サイトから。
【由緒】
 大正13年10月20日、村内に神社がないのを遺憾として高橋惣太郎・坂本道夫・大口鶴五郎等が世話人となり、旧官幣大社札幌神社より開拓三神の御分霊を受け、東2条2丁目13番地に小祠を設けて奉斎したのが創祀である。昭和に入って開拓は進み戸数も増加し市街も充実してきたところから公認神社への昇格運動が起こり、昭和8年7月には士幌神社造営会が結成され、同年12月25日現在地に工費3700円で新社殿が竣工した。公認神社としての体裁を整えたところから、翌9年4月内務省に神社創立願を提出し、10年4月18日付けで無格社に列した。昭和11年3月13日付け村社に昇格。昭和29年宗教法人として認可された。昭和40年9月には建坪80.5坪の社務所が竣工した。昭和63年11月には士幌神社御造営奉賛会が発足し、平成3年9月10日諸工事が竣工し、同年9月13日遷座祭を執行、同年10月20日社殿・社務所竣工奉祝祭が挙行された。
【所在地】
〒080-1222 北海道河東郡士幌町字士幌東4条2丁目1番地
電話 01564-5-2507
【例祭日】
9月15日
【祭神】
大國魂神(おおくにたまのかみ)
大己貴神(おおなむちのかみ)
少名彦名神(すくなひこなのかみ)
【旧社格】
村社

 

さざれ石と君が代歌碑 なんか十勝管内の神社には多いですね

石灯籠一対(昭和8年8月建立)

 

手水舎(手水石は平成3年9月吉日奉納)

 

狛犬一対(紀元二千六百年記念とあり昭和15年のこと)

 

 

あれ?扁額が無いぞ

工事中の社務所とプレハブの仮授与所(最初、発電機とかあるもんだから建設工事事務所かと思っちゃった)

 

御朱印

仮授与所のインターフォン押して対応して頂きました

お忙しい中ありがとうございます。

www.moiwa-orosi.com

 

 

 

中川郡本別町 仙美里八幡神社

仙美里八幡神社(せんびりはちまんじんじゃ)は、北海道中川郡本別町仙美里元町164番地2にある神社で旧社格は無し。御祭神は品陀和気命(ほんだわけのみこと)で例祭日は9月15日。

国道242号仙住橋のパンケ仙美里川左岸側にある神社で、参道は両側がパークゴルフ場のコースになっていて一部コースを横切るようになっています。

地名はアイヌ語由来であるが諸説あり、
センピ<senpir>蔭(かげ)
・アイヌが熊害などを避ける時、樹蔭あるいは岩かげにかくれた事があったためという。安田巌城-十勝地名解 
・十勝アイヌがこの辺で北の釧路アイヌ勢に逢い、蔭にかくれて逃れたとかの伝承を読んだようにうろ覚えしているが、よく分からない。山田秀三説明
・パンケセンビリ、ペンケセンビリの二川から出た地名。利別川に合流する川口に樹木が繁っていて、深い陰をつくっていたのだろうか。本別町史
と、あります。

仙美里八幡神社

以下は、北海道神社庁サイトから。
【由緒】
 創立は明治36年9月15日、宗教法人法による宗教法人は昭和33年3月24日許可。例祭日は9月15日で春祭は4月15日。
【所在地】
〒089-3300 北海道中川郡本別町大字本別村字足寄太基線2番地13(住所は原文のまま)
【例祭日】
9月15日
【祭神】
品陀和気命(ほんだわけのみこと)
【旧社格】
-

両側はパークゴルフ場(休日なのに人が居ない)

 

石灯籠一対(還暦記念明治三十四年生12名、厄祓大正九年生4名、昭和36年6月15日建立)

 

参道右側にはたくさんの歌碑

手水石は破損してしまったのかステンレスの手水舎

狛犬一対(昭和13年?9月15日建立)

 

 

 

www.moiwa-orosi.com

【御朱印】足寄郡足寄町 足寄神社

足寄神社(あしょろじんじゃ)は、北海道足寄郡足寄町里見が丘12番地2にある神社で旧社格は村社。御祭神は天照皇大神(あまてらすすめおおかみ)、大國魂神(おおくにたまのかみ)、大己貴神(おおなむちのかみ)、少彦名神(すくなひこなのかみ)、誉田別命(ほんだわけのみこと)で例祭日は9月23日。

 以前は御朱印のない神社で、何度か足寄を通過するも後回しにしてましたが、御朱印をやっているとの情報を得て改めて参拝です。

足寄町

足寄町(あしょろちょう)は約1,400 km2の面積を持ち 日本国内でも有数の広さであります。
人口は6,089人 (住民基本台帳人口、2024年3月31日)
北の陸別町から流れ来る利別川と、阿寒方面から流れ来る足寄川が合流する地点でアイヌの時代からの交通路でした。
市街地を流下する利別川に架かる両国橋(国道241号)は、かつて利別川を挟んで旧十勝國と旧釧路國に分かれていたことから名付けられています。

1879年(明治12年)- 細川繁太郎、エン夫妻が中足寄に定住。
1908年(明治41年)- 足寄外3村戸長役場が足寄村に置かれる。
1919年(大正8年)- 淕別村、利別村を分離し、足寄外1村戸長役場が置かれる。
1923年(大正12年)4月1日 - 北海道二級町村制施行により足寄郡足寄村、螺湾(らわん)村が合併し、足寄村が発足。釧路国支庁に所属。
1948年(昭和23年)10月20日 - 足寄郡が釧路国支庁から十勝支庁に編入。
1955年(昭和30年)4月1日 - 中川郡西足寄町と合併し、足寄郡足寄町となる。

出身有名人
鈴木宗男(参議院議員、元衆議院議員・新党大地代表)
松山千春(歌手・シンガーソングライター)

地名由来はアイヌ語で、『北海道 駅名の起源』(S48国鉄北海道総局)ではエソロペッ<esoro-pet>沿うて下る・川[釧路方面から阿寒を越えて、この川に沿って十勝または北見に出たため。]と、あります。

大正9年測図地形図

足寄神社

以下は、北海道神社庁サイトから。
【由緒】
 明治35年足寄太地方の守護神として宮柱を建立。明治42年拝殿を造営。昭和6年社殿の造営、境内整備を実施。昭和10年2月19日附を以て創立を許可された。昭和16年9月10日、村社に列せられた。昭和16年12月3日、神饌幣帛料供進神社に指定。昭和30年、町村合併に伴い「足寄神社」が設立された。昭和55年10月16日、社殿造営完成。平成4年11月22日、御創祀九十年祭斎行。
合併により合祀された歴史をもつ御祭神
足寄神社 誉田別命 昭和17年創祀 昭和30年合祀
【所在地】
〒089-3732 北海道足寄郡足寄町里見が丘12番地2
電話 01562-5-2279
【例祭日】
9月23日
【祭神】
天照皇大神(あまてらすすめおおかみ)
大國魂神(おおくにたまのかみ)
大己貴神(おおなむちのかみ)
少彦名神(すくなひこなのかみ)
誉田別命(ほんだわけのみこと)
【旧社格】
村社

一ノ鳥居と社号標 小振りな蝦夷山桜が良い感じでした

石段下左側に手水舎

手水石は昭和55年奉納(奉納者の石川勲 細川勇は他にも名前が刻まれている)

 

石段中段には狛犬一対

狛犬一対(建立年不明)

 

二ノ鳥居

石燈籠一対(昭和6年9月建立)

 

君が代の歌碑

狛犬一対(紀元二千六百年記念、明治三十二年生亥年會とあり昭和15年建立か)

 

拝殿左手前に授与所

拝殿右隣に神輿殿

拝殿前の狛犬一対(平成11年8月吉日建立)

 

卯十四会有志(昭和十四年生)発願人:石川勲

 

扁額は2枚

 

拝殿に直接アクセスできる駐車場にも手水石があります

昭和55年奉納 石川勲 細川勇

  

御朱印

何年か前に建て直したっぽい新しくなった社務所で頂きました

お忙しい中ありがとうございます。

www.moiwa-orosi.com

 

上川郡清水町御影 御影神社

御影神社(みかげじんじゃ)は、北海道上川郡清水町字御影西2条2丁目11番地にある神社で旧社格は村社。御祭神は天照大神(あまてらすおおかみ)で例祭日は9月12日。

JR御影駅から左手の御影市街地中にあり、あたりにはお寺さんが3軒ほどある場所です。

御影地区

この辺りは古くは「佐念頃(さねんころ)」と呼ばれ、アイヌ語の「サンエンコロ(san-enkor)」(出ている・鼻)に由来するとされ、山の鼻が十勝川に突出している地形を指すと考えられている。このほか、「傾斜したところ」を表すとする文献もある。※地形を見ても突出している山鼻などはないけど、サネンコロ川の河口の地形が鋭角になっている箇所があり突出しているように見えるのでしょうね。

1907年(明治40年)9月8日、国有鉄道の佐念頃駅(さねんころえき)が開業。
1921年(大正10年)芽室村から御影村(みかげむら)として分離成立し、翌年に駅名も御影駅に改称。
御影の地名謂れは、駅の西約8kmに御影石(花崗岩)の石切り場があり、それにちなんだ地名である。
なお「佐念頃」の名称が用いられなかった理由としては「女性の体の一部を連想されて(「核」(さね)を連想させる発音を嘲笑の対象とするきらいがあり)」といった解説がされている。
1956年(昭和31年)9月30日、清水町に編入されました。

20万分1北海道実測切図  北海道庁 明治23-大正9年 (1890-1920)にもサネンコロ川があり駅名は佐念頃と書かれています。

御影神社

以下は、北海道神社庁サイトから。
【由緒】
 明治41年9月桐原利八より敷地5反歩の寄附を受け小祠を建立、翌42年9月本殿拝殿を建立した。地名に因て佐念頃神社と尊称した。大正11年4月芽室町より分村、村名を社号として御影神社と改称した。昭和11年12月社殿を新築、昭和13年9月12日公認神社に列せられ昭和16年3月村社に列格、同年4月神饌幣帛供進神社に指定された。昭和63年8月社殿を新築した。
【所在地】
〒089-0357 北海道上川郡清水町字御影西2条2丁目11番地
電話 0156-63-2104
【例祭日】
9月12日
【祭神】
天照大神(あまてらすおおかみ)
【旧社格】
村社

10年以上前に来たときは結構大きな樹木でいっぱいだったのに、伐採したのか明るくなっていて驚きました。

一ノ鳥居

社号標には河西郡御影村字御影鎮座とあり上川郡清水町に編入される前のことです。

手水舎

コロンとした玉石を彫り込んだ手水石(大正4年11月10日奉納)

 

石灯籠一対(昭和12年9月建立)

 

大小の狛犬が並んでいます

狛犬一対(昭和5年10月14日建立、石工は滝川の人)

 

 

狛犬一対(昭和14年6月15日建立)

 

拝殿前右側に授与所

拝殿左隣に神輿庫

 

神社左手には立派な忠魂碑

石灯籠一対(紀元二千六百年紀念、帝國在郷軍人會御影村分會とあり1940年(昭和15年)のことでしょう)

 

 

忠魂碑(昭和5年9月建立)

 

この神社には社務所があり宮司常駐神社なのですが、10年以上前に来たとき御朱印はやっていないと云われ、今回も聞こうと思ったらちょうど不在で聞きそびれ、他の人も貰っていないようなので多分やっていないかな。

 

www.moiwa-orosi.com

【御朱印】北広島市西の里 西の里神社

西の里神社(にしのさとじんじゃ)は、北海道北広島市西の里373の4にある神社で旧社格は無し。御祭神は天照大神(あまてらすおおかみ)、大己貴神(おおなむちのかみ)で例祭日は9月23日。

沢地形の脇にある小高い丘の上にあり、すぐ隣には新札幌自動車学園の教習コースがあります。

 西の里は旧広島村字野幌・字下野幌が昭和10年に合併したことで誕生し、開拓の歴史は明治22年10月28日に入植(野津幌川右岸あたり)した阿波(徳島県)蜂須賀藩の三河林蔵が家族とともに家を建て開墾したのが始まりです。林蔵は明治39~41年にかけて広島村議会議員、明治39~45年までは村の学務委員(現在の教育委員)を務め、大正9年に自ら所有する土地を他者に譲り徳島に帰郷しました。

左:大正5年測図地形図 右:現在

西の里神社

以下は、北海道神社庁サイトから。
【由緒】
 明治26年徳島県より西の里へ入植した近下徳一が代表で明治31年出雲大社に参拝し分霊を受け、地域の守護神として155番地の小高い所に5坪の社殿を建てた。
明治29年10月1日道庁より貸付地払下げ通知があり、その日を例祭日と定める。その後、数多の変遷があり現在地へ造営する。
【所在地】
〒061-1102 北海道北広島市西ノ里373の4
【例祭日】
9月23日
【祭神】
天照大神(あまてらすおおかみ)
大己貴神(おおなむちのかみ)
【旧社格】
-

指導から階段を登ったところにある鳥居(一ノ鳥居)

こちらが正式な参拝道なのでしょうね。(車でダイレクトに駐車場に行きましたので最初気が付きませんでした)

風雪百年碑と隣に授与所

 

二ノ鳥居

狛犬一対(御鎮座20周年記念 平成23年9月吉日建立)

 

 

御朱印

御朱印は運営事務局になっている建設会社の田島工業(株)にて頂きました。

土日祝は会社休業日なので、訪問するなら平日の営業時間内にね。

初穂料は多分300円(500円玉渡して「お釣りお渡ししますね」と言われ、そのままお収めくださいとやんわりお断りしましたので)

お忙しい中ありがとうございます。

ちなみに平日の4/11参拝ですが日付が21日😅

 

www.moiwa-orosi.com

【御朱印】茅部郡鹿部町本別 出来澗(できま)稲荷神社

出来澗稲荷神社(できまいなりじんじゃ)は、北海道茅部郡鹿部町本別540-171(旧鹿部町字出来澗)にある神社で旧社格は無し。御祭神は倉稲魂命(うがのみたまのみこと)で例祭日は8月28日。

 出来澗漁港へと向かう道の交差点付近の高台に赤い鳥居の神社があり、小さいながらもちょっと目立つ存在です。

出来澗崎(できまざき)

 1640年(寛永17年)に北海道駒ヶ岳が噴火し、山体崩壊によって発生した駒ヶ岳噴火津波により700人余りが溺死し舟100隻余りが破壊。この時の噴火は、古文書に記録の残る江戸時代以降の駒ヶ岳の噴火の中でも最大規模であるのと、日本国内では1792年島原大変肥後迷惑(雲仙眉山)、1741年寛保津波(渡島大島)に次ぐ、史上3番目に大きな火山津波災害となりました。

 寛永17年6月13日(1640年7月31日)、北海道駒ヶ岳は大規模な噴火活動を開始し山頂部が崩壊して大規模なクルミ坂岩屑なだれが発生しました。まず山体南斜面が崩壊し折戸川を堰き止めて大沼・小沼を形成しました。その後、山体東斜面が崩壊し噴火湾に流入し、この岩屑なだれは海底に広く分布していることが確認され、沖合約8kmにまで広がっています。この東に流下した陸上部の先端が出来澗崎で、この時に大津波が発生し亀田から十勝にかけて津波を記録したとされ、有珠(現在の洞爺湖町有珠)では津波の高さが7.5 mに達したというこの津波の堆積物は森町鷲ノ木から白老町社台までの4地点で確認されています。

 元々は標高1,700 mの円錐形の山体であった駒ヶ岳が、現在のような標高1,100 mの2つの馬蹄形カルデラを持つ山体となったのも、この時の山体崩壊が原因である

 出来澗の地名由来は不明ですが、和名で「噴火で出来た入江」の意味で「北海道地名誌」(NHK北海道本部、1975)にも『出来澗崎(できまざき)本別の北、噴火によってできた澗のところにある崎の意。』とありましたね。

 古い文献で地名が出てくるのは、寛政三(一七九一)「えぞのてぶり」に出来間とあり、安政二(一八五五)「東蝦夷地海岸図台帳  御持場海岸大旨之図」にテケマ、弘化二(一八四五)「蝦夷日誌 巻五」にテケマ、万延元(一八六〇)「東西蝦夷山川地理取調図」にテケマと見える。

東西蝦夷山川地理取調図

出来澗稲荷神社

以下は、北海道神社庁誌(1999、絶版)未公認神社の項から。
【由緒】
 明治の末頃、平沢利吉が出来澗に来住して祀ったのが神社の起源と伝えられている。昔は海側にあったのを昭和四年駒ヶ岳の噴火後、現在地に遷座した。その後社殿の腐朽甚だしく昭和六十三年九月二十七日改築落成の上、御遷座祭並びに方祝祭を斎行し現在に至る。(参考文献:鹿部町史)
【所在地】
鹿部町字出来澗(現:〒041-1404 北海道茅部郡鹿部町本別540-171)
【例祭日】
8月28日
【祭神】
倉稲魂命(うがのみたまのみこと)
【旧社格】
-

鳥居の他には何もなくちょっと寂しいですね

近くのひょうたん沼に寄ってみました

一周する散策路もあり芝もきれいに刈り込んで整備され気持ちのいい場所です。

御朱印

鹿部稲荷神社で稲荷印ですが書いていただきました。

お忙しい中ありがとうございました。

www.moiwa-orosi.com