page contents

藻岩颪に豊河の流れ。

名前:べえべえ 生息地:ほっかいどうでっかいどうはいどうどう 最近はほとんど気楽な食レポが多いです。

札幌市豊平区月寒東 らぁめん銀波露(ぎんぱろう)札幌月寒店 ~香ばしさ漂う炎のラーメン~

銀波露は江別に本店がある2001年創業のラーメン屋さんです。

2007年に第二号店として出来たのが月寒店でして、オシャレな外観とともに人気になったお店です。

f:id:ksn-bee:20201201233235j:plain

メニューの最初にコーヒーやドリンク、そしてサイドメニューがある変わった構成です。

f:id:ksn-bee:20201201233238j:plain

めくってやっとラーメンメニューに。

ぱいくぅ麺やバラチャーシュー麺が推しの構成ですが、嗜好も変わりこの脂まみれのこってりラーメンは食べられなくなりましたね。

f:id:ksn-bee:20201201233242j:plain

基本的なメーニューは最後に持ってきています。

f:id:ksn-bee:20201201233246j:plain

f:id:ksn-bee:20201201233249j:plain

香ばし醤油780円

f:id:ksn-bee:20201201233252j:plain

大量の煎り胡麻とニンニクチップ

f:id:ksn-bee:20201201233255j:plain

2007年の月寒店オープン当初から何回か通っていたのですが、当時はコッテリすぎ下手糞な焦げ臭さがスープに移ったラーメンで、本店のクオリティーには及ばなくて足が遠のいたお店でもあります。

まあかれこれ12年ぶりの訪問になりますね。

時間的に客は私一人でしたので麺茹で器の火も落としたのか、取り掛かるのに結構時間がかかりましたが、昔よりはファイアーが小さめですね(笑)

豚骨ベースのスープに甘さが目立つ醤油ダレの構成で、程よい油の焦がした香りが漂い12年の歳月の違いも感じられる美味しさになっていました。

具材の構成は玉ねぎ・長ネギ・胡麻・ニンニクチップ・メンマ・チャーシューでして、玉ねぎはファイアーの時に炒めてる訳でもなく茹でたものです・・・

この大量の煎り胡麻とニンニクチップは、このスープとピッタリ嵌っていて美味しさの下支えにもなっていますね。

うん。美味しかったです。ごちそうさまでした。

 

店名 らぁめん銀波露(ぎんぱろう)札幌月寒店
http://ginparou.com/
住所 〒062-0055 北海道札幌市豊平区月寒東5条13丁目1-23
アクセス 地下鉄東西線南郷13丁目駅から徒歩7分(500m)
駐車場20台
電話 011-853-1222
営業時間 11:30~21:00(L.o.20:30)
※新型コロナウイルス感染拡大により、営業時間・定休日が記載と異なる場合がございます。
定休日 年中無休