page contents

藻岩颪に豊河の流れ。

名前:べえべえ 生息地:ほっかいどうでっかいどうはいどうどう 最近はほとんど気楽な食レポが多いです。

【御朱印】虻田郡京極町 京極八幡神社

京極八幡神社(きょうごくはちまんじんじゃ)は、北海道虻田郡京極町字京極621番地にある神社で旧社格は村社。御祭神は応神天皇(おうじんてんのう)、大己貴命(おおなむちのみこと)、少彦名命(すくなひこなのみこと)、保食神(うけもちのかみ)、埴安姫神(はにやすひめのかみ)で例祭日は9月2日。

京極市街地の南側にある高台に神社はあります。夕方の参拝で蚊が多く、近くの畑にまいた鶏糞肥料の臭い匂いにも包まれうんざりです。

京極町

京極町(きょうごくちょう)は羊蹄山の西側にあり、伏流水が湧き出る「ふきだし公園」はかなり有名な観光スポットですね。

京極町の地名由来は和名で開拓功労者である旧丸亀藩主京極家の子爵、京極高徳の姓によって名づけられました。

駅名が京極駅として開業した当時は東倶知安村であり、何かと不都合があった模様ですが京極村へと改称するのは21年後のことでした。

1897年(明治30年) 旧讃岐丸亀藩主家の京極高徳子爵が京極農場を開場。
1910年(明治43年) 倶知安村(現・倶知安町)より分村し東倶知安村と称する。(人口6,783人、1235戸)
1919年(大正8年) 京極軽便線(きょうごくけいべんせん)が開通。1898年(明治31年)に脇方で発見された褐鉄鉱床の鉄山・倶知安鉱山からの鉱石輸送が建設目的である。駅は京極農場の敷地に設置されることとなり「京極駅」と命名。
1922年(大正11年) 軽便鉄道法の廃止により京極線に改称
1923年(大正12年) 一級町村制施行。
1928年(昭和3年) 京極線の延長の形で胆振鉄道(いぶりてつどう)が喜茂別(初代)まで開業。1941年(昭和16年)胆振縦貫鉄道(いぶりじゅうかんてつどう)が胆振鉄道を合併。
1944年(昭和19年) 戦時買収により胆振縦貫鉄道と京極線を合わせて胆振線となる
1940年(昭和15年)4月1日 京極村に改称。
1962年(昭和37年)5月1日 町制施行、京極町。

大正6年測図、昭和6年鉄道補入地形図 東倶知安村(京極)とあり、京極駅以北は京極線、以南は胆振鉄道とありますね。

京極八幡神社

以下は、北海道神社庁サイトから。
【由緒】
 明治31年4月25日、讃岐國旧丸亀藩主子爵京極高徳が京極農場鎮護のため、官幣大社男山八幡宮(現在の石清水八幡宮)の御神璽を奉戴し、現今の地に鎮祀。大正8年9月村民一統協議の上、村社創立期成会を創設し、京極家及び同農場より神祠を改築方寄付の承諾を得、大正11年5月30日、村民一同連署の上、神社設立出願。大正12年5月10日、八幡神社設立許可。大正12年9月24日、官幣大社出雲大社・国幣中社酒列磯前神社・官幣大社稲荷神社より大己貴命・少彦名命・保食神の御神璽を奉戴し、併せて埴安姫神を勧請して鎮座。大正14年5月16日社殿改築(幣殿拝殿新築)。大正15年6月21日村社に列せられる。大正15年8月5日神饌幣帛料供進神社に指定される。昭和21年8月宗教法人設立して神社本庁所属し、京極八幡神社と改称。平成9年8月5日社殿を現在の地に移転して改築、翌6日に御鎮座百年祭を斎行。平成26年8月社務所改築、職舎新築。
【所在地】
〒044-0101 北海道虻田郡京極町字京極621番地
電話番号 0136-42-2029
【例祭日】
9月2日
【祭神】
応神天皇(おうじんてんのう)
大己貴命(おおなむちのみこと)
少彦名命(すくなひこなのみこと)
保食神(うけもちのかみ)
埴安姫神(はにやすひめのかみ)
【旧社格】
村社
【社宝等】
町準公園地区(準公園道)に指定されている。

一ノ鳥居前の狛犬一対(建立日不明)は構え獅子型

 

石灯籠一対(一部削られ建立日不明)奉納者は東倶知安村の人

 

 

二ノ鳥居

鳥居前左に「皇紀二千六百年 聖戦参加記念」の碑あり 題字は陸軍中将山下泰文

 

鳥居前の石灯籠一対(一部削られ建立日不明)奉納者は東倶知安村の人

 

手水舎(大きな玉石を掘った手水石には紀元二千六百年慶祝記念とあり)

 

ああ…石段長いわ~

 

上った先に狛犬一対(昭和18年度初老會、初老記念)

 

 

石灯籠一対(皇紀二千六百年慶祝記念)

 

古い神輿庫?

創祀百年鎮座趾

忠魂碑

 

御朱印

社務所は訪問時無人でしたが、玄関に書き置きがあり初穂料を置いて頂戴しました。

 

www.moiwa-orosi.com