page contents

藻岩颪に豊河の流れ。

名前:べえべえ 生息地:ほっかいどうでっかいどうはいどうどう ほとんど気楽な食レポが多いですが北海道内のダム訪問・ダムカード収集・神社訪問・御朱印収集にも目覚めてしまいました。


スポンサードリンク
 

芦別市 「きんたろう」でガタタン定食

 芦別の郷土料理でもあるガタタン(含多湯)は、戦後に中国東北部(旧満州)から引揚げてきた人が地域の家庭料理であった疙瘩湯(gēda tāng、グーダタン)を元に提供した料理で、小麦粉を練った団子、タケノコ、シイタケ、豚肉、こんにゃく、竹輪、うずらの卵など10種類以上の具を入れ、とろみをつけた塩味の中華スープです。

 炭鉱の坑夫たちのお腹を満たしエネルギーにもなったであろうガタタンは、炭鉱の相次ぐ閉山と共に提供するお店も減って来ましたが、平成期に入り巷でのB級グルメの人気もあり地域の有志が郷土の味の復活を町おこしにも活用し、芦別を代表する料理と名前が定着しました。

 現在は通常のガタタンの他、ガタタンラーメンやガタタンチャーハンなどアレンジ料理も豊富ですが、やっぱり最初は通常のガタタンを食したいですよね。

今回は元祖の中華料理店「幸楽」の味を引き継ぐ「きんたろう」でガタタンです。お好み焼、カレーなども楽しめるお店です。

f:id:ksn-bee:20190720094800j:plain

ガタタンは鍋持参でお持ち帰りもできるのですね。ガタタン小のみ容器もあるみたいです。

f:id:ksn-bee:20190720094812j:plain

f:id:ksn-bee:20190720094823j:plain

f:id:ksn-bee:20190720094843j:plain

ガタタン定食890円

f:id:ksn-bee:20190720094854j:plain

なんか給食みたいな感じでちょっと高い値段設定ですよね。

ガタタン小とエビフライ1本、ポテトサラダなどの内容ですが、あまり満足は出来ませんでした。ガタタンは具だくさんで美味しかったですよ。

んで、気になったのがタングロンなる飲み物。

昆布エキス飲料と書いてあって、リンゴ果汁も入っており飲みやすいものでした。これもご当地飲料なのですね。

f:id:ksn-bee:20190720094926j:plain f:id:ksn-bee:20190720094938j:plain

店名 きんたろう
住所 〒075-0004 北海道芦別市北4条西1丁目3−19
アクセス

JR芦別駅から徒歩で約13分(1.0km)

電話 0124-22-8205
営業時間

11:00~15:00
15:00~20:00(L.O19:30)

定休日 不定休(主に月曜日)


スポンサードリンク