page contents

藻岩颪に豊河の流れ。

名前:べえべえ 生息地:ほっかいどうでっかいどうはいどうどう ほとんど気楽な食レポが多いですが北海道内のダム訪問・ダムカード収集・神社訪問・御朱印収集にも目覚めてしまいました。

【御朱印】釧路市阿寒町阿寒湖温泉 阿寒岳神社奥之院

阿寒岳神社奥之院(あかんだけじんじゃおくのいん)は北海道釧路市阿寒町阿寒湖温泉1丁目2−16にある神社で、阿寒湖稲荷神社のちょっと奥にお社があって、御祭神は阿寒岳神社とは全く違い阿寒湖ヤイタイ島に祀られている白龍神王(はくりゅうしんおう)、天之御中主之大神(あめのみなかぬしのおおかみ)です。例祭日は5月28日。

 現地には由緒書があってそれによると、昭和55年頃、雄阿寒岳登山道付近の住宅地から天之御中主之大神と書かれた三寸角の御神体と神の宿る七寸大の石が見つかり、三寸角の御神体は奥之院に七寸大の石はヤイタイ島に祀られました。その後、阿寒湖を訪問した高僧の助言でそれらは一対としてバラバラにせず、すべてヤイタイ島に祀られました。

ヤイタイ島へは定期船がないので阿寒岳神社奥之院を遥拝所として地域の人々が参拝しています。

f:id:ksn-bee:20200105215907j:plain

お社は雄阿寒岳を背にして建っているので、てっきり雄阿寒岳権現でも祀ってるんだろうなあと勝手に思っていましたが、由緒書があってよかったです。

f:id:ksn-bee:20200105215940j:plain
鳥居には白龍神王の扁額

f:id:ksn-bee:20200105220006j:plain

御朱印

社務所はありませんが、右側に御朱印箱があって御朱印と日付印が入っており、セルフで押すタイプです。 薄かったら嫌なので朱肉持参で押しました。 初穂料は気持ち程度の金額を賽銭箱に納めさせていただきました。

f:id:ksn-bee:20200105220108j:plain f:id:ksn-bee:20200105220111j:plain

f:id:ksn-bee:20200105220114j:plain

次の弟子屈に向かう途中に雄阿寒岳の絶景ポイントがありました。

f:id:ksn-bee:20200105220204j:plain

その他の釧路地方の神社はこちら ↓

北海道の神社、御朱印-釧路地方 カテゴリーの記事一覧 - 藻岩颪に豊河の流れ。