藻岩颪に豊河の流れ。

名前:べえべえ 生息地:ほっかいどうでっかいどうはいどうどう ほとんど気楽な食レポが多いですが北海道内のダム訪問・ダムカード収集・神社訪問・御朱印収集にも目覚めてしまいました。


スポンサードリンク
 

札幌市南区真駒内 平凡くじら屋 魚辛みそ

真駒内の上町名店街という誰も知らないであろう、ちょっと薄暗い路地にあるお店で、3年ぶり5回目の訪問です。

この店は平凡と名前がついていますが、非凡なお店だと以前から思っていて場所が場所なだけにちょっと損しているんじゃないかな?そしてものすごく腰の低い店主です^^(そのにじみ出る優しさが好きなお店でもあります)

なんで間が空いたかというと隣のスーパー駐車場がタイムズ24になって30分しか無料にならなかったからです。

なんか廃墟写真みたいになったけど、商店街です・・・

f:id:ksn-bee:20190116200523j:plain

廃墟 商店街にちょっと目立つ変わった外観ですがラーメン屋さんです。

f:id:ksn-bee:20190116200707j:plain

時間をずらして行ったので、客は自分ひとりです。

駐車は↓だそうです。タイムズに停めたので後の祭りですが^^;

f:id:ksn-bee:20190116200731j:plain

待っている間に店主が20本くらいの串の束を持ってきて、くじ引きタイムの始まりです。前は何が当たったっけな~確かジョージア缶だったかな~

えいやっ!と引いては見たもののハズレ・・・(外した自分より残念そうな顔をする店主です)

なんか外してすみませんm(__)m

誰もいないので待ち時間5分くらいでラーメン到着です。

魚辛みそ800円

f:id:ksn-bee:20190116200719j:plain

値段は以前と変わらないのですね。たまたまなのか、昔よりチャーシュー大きくなってます。

レンゲの上には海苔と共に三種類の粉があって、いわし粉、エビ粉、辛子粉で、これを混ぜるとガラリと変わるんでまずは混ぜないで一回味わうことをお勧めします。

スープに沈んでいますが、さらに具があってワカメ、きくらげ、長ネギ、玉ネギ、そして小ぶりなクルンと丸まったエビが5個(以前はもっとあった気がするけど気にしない)があってそれだけでもお値段以上。

スープは魚粉を混ぜる前提で作ってるのか優しい味わいです。

そして、それぞれ混ぜて味わうのも良いのですが、一気に混ぜ混ぜしちゃいます。この味噌と鰯粉はものすごく合っていて、和風を通り越してどこかの郷土料理みたいな感じに変わり、エビ粉の香りと旨味も後押しをしてとても美味しいのです。

辛さもボケることがなく、食べていく内に少し汗が出てきて真夏だとやばいんですこれ。(以前汗だくになりました)

美味しかったです。ごちそうさまでした。

ちなみに、30分以内で出庫できたので駐車料金は無料でした(ニッコリ)

店名 平凡くじら屋
住所
アクセス

地下鉄南北線真駒内駅より徒歩約10分(850m)

電話
営業時間 11:30~17:00(スープ無くなり次第終了)
定休日 毎週月曜日


スポンサードリンク