page contents

藻岩颪に豊河の流れ。

名前:べえべえ 生息地:ほっかいどうでっかいどうはいどうどう ほとんど気楽な食レポが多いですが北海道内のダム訪問・ダムカード収集・神社訪問・御朱印収集にも目覚めてしまいました。


スポンサードリンク
 

【御朱印】勇払郡占冠村 占冠神社

占冠神社(しむかっぷじんじゃ)は北海道勇払郡占冠村字占冠原野57番地にある神社で旧社格は村社。御祭神は大國魂神(おおくにたまのかみ)で例祭日は9月15日。

 国道沿いには神社の鳥居や石段は見当たらず探しちゃいました。国道から脇道があって、そこには石段だけがあり鳥居(木製鳥居)は登った所にあります。

 シトシトと小雨の降るなか参拝ですが、薄暗い境内には忌まわしきがいっぱいまとわりつき、慌てて写真撮るものですからピントぼけまくりです。。。

f:id:ksn-bee:20190915010703j:plain

占冠村

 占冠村(しむかっぷむら)は、1市6町村で「富良野・美瑛観光圏」を形成している地域内の最南端であり勇払郡に属していますが、他の勇払郡( 厚真町、安平町、むかわ町)が胆振管内なのに、この村だけは上川管内というややこしさもあります。

 村面積の94%は山林で占冠村の林業は、農業とともに村を支える基幹産業となっています。観光は雲海で有名なトマムのリゾート地区があり、約1200人の人口の村に年間約48万人の観光客(うち8割が外国人)が自然体験をしにやってきます。

 占冠の地名由来はアイヌ語で諸説ありますが、シムカsi-mukap>本流の・鵡川[アイヌ語研究の山田秀三によると、地名の通常の形ならば、支流の双珠別川から別れた所から上の本流がシムカプである。その音に占冠と当て字をしたのではなかろうか。]が一番有力視されています。

大正8年測図地形図

f:id:ksn-bee:20190915234124j:plain

占冠神社

以下は北海道神社庁サイトから。

【由緒】
 本社は、明治39年4月占冠殖民地として区画設定後同40年6月先移住者相寄り現在の敷地内に小祠を建立し、官幣大社札幌神社の御分霊を勧請鎮座せしを以て創祀となし、以来30有余年毎年6月15日を春祭、9月15日を秋祭と定め、社殿造営や改築等幾多の変遷を経て整備を進めてきた。時に氏子中無願社なるを憂い昭和12年1月末、御聖旨奉戴記念事業として村社占冠神社創立期成会を結成全村を以て氏子区域と定め同年4月3日峰江英男外51名を以て一社創立の儀出願、同14年4月28日付内務省北社第15号許可指令に依り現在地に社殿の御造営を了し同16年3月10日創立完了届出、同17年5月28日付神祇院16北総第41号を以て村社に列す。
【所在地】
〒079-2202 勇払郡占冠村字占冠原野57番地
電話 0167-42-3383(山部神社
【例祭日】
9月15日
【祭神】
大國魂神(おおくにたまのかみ)
【旧社格】
村社

石段は一度右に折れて、登った先には鳥居が見えます(以降ピンぼけ注意^^;)

f:id:ksn-bee:20190915010521j:plain f:id:ksn-bee:20190915010527j:plain

実際はもっと薄暗く、カメラ側でフラッシュを要求されますが、境内でそんなものは焚くのは嫌です。

f:id:ksn-bee:20190915010532j:plain

消防のサイレン塔でしょうか

f:id:ksn-bee:20190915010814j:plain

手水舎 小ぶりな手水石

f:id:ksn-bee:20190915010544j:plain f:id:ksn-bee:20190915010549j:plain

変わった意匠の石灯籠

f:id:ksn-bee:20190915010555j:plain

狛犬(建立年不明)はブロンズ製です

f:id:ksn-bee:20190915010601j:plain f:id:ksn-bee:20190915010607j:plain

f:id:ksn-bee:20190915010613j:plainf:id:ksn-bee:20190915010627j:plain

 

境内右手には碑(いしぶみ)が数基置いてあり、忠魂碑(大正10年11月建立)、大正天皇御即位記念碑(大正4年11月建立)などがあります。

f:id:ksn-bee:20190915010634j:plain f:id:ksn-bee:20190915010646j:plain

f:id:ksn-bee:20190915010640j:plain f:id:ksn-bee:20190915010651j:plain

御朱印

社殿左手にはくたびれた社務所がありますが無人で、御朱印は本務社の山部神社で受けることが出来ます。初穂料は300円を納めさせて頂きました。

御朱印ありがとうございました。

f:id:ksn-bee:20190915010619j:plain

f:id:ksn-bee:20190915011200j:plain

www.moiwa-orosi.com


スポンサードリンク