page contents

藻岩颪に豊河の流れ。

名前:べえべえ 生息地:ほっかいどうでっかいどうはいどうどう 最近ちょっとお疲れ気味。

釧路市川北町 ㈱釧路製作所のSL保存機 雄別炭礦鉄道8700形8722号 国内に唯一現存する8700形蒸気機関車

 8700形蒸気機関車は1911年(明治44年)に鉄道院が英国から輸入したグループ12両(8700 - 8711)と、1912年(明治45年)に国内発注(汽車製造)したグループ18両(8712 - 8729)に別れ、全車とも性能の低い飽和式ボイラーが搭載されており、本形式は同時に輸入された他形式群(過熱式ボイラー搭載)と性能の差が大きかったため、1921年(大正11年)から1924年(大正13年)にかけて国産機を含む全車が浜松工場で過熱式に改造されました。

 8722号は当初仙台鉄道局配属であったが札幌鉄道局に移って倶知安の配置となり岩内線、京極線で混合列車の牽引に使用。1947年(昭和22年)時点では、滝川で入換え専用となっている。
1950年(昭和25年)1月廃車。
1953年(昭和28年)北海道拓殖鉄道に払下げられる。
1957年(昭和32年)雄別炭礦鉄道に再譲渡。除煙板追加、釧路~雄別炭山間の石炭輸送に活躍。
1966年(昭和41年)廃車
釧路市内の株式会社釧路製作所本社工場に過熱式へ改造直後の姿に復元の上、現存唯一の8700形、テンホイラー機として静態保存。

株式会社 釧路製作所<本社(工場)>
   •所在地
    〒085-0003
    北海道釧路市川北町9番19号
   •電話番号
    代表 0154-22-7135
    FAX 0154-22-9680
■ 見学について
 8722号見学の際は、管理棟2階総務グループに申し出ていただければ、操業日はいつでも見学可能です。 休日の見学は事前に連絡いただければ、できるだけ対応させていただきます。見学の際には管理棟前の機関車周辺のみとし、当社事業区域への立入はご遠慮願います。
 ℡:0154-22-7135
 総務Gまで

5月連休中の訪問でしたので、敷地外から撮影です

 

www.moiwa-orosi.com