page contents

藻岩颪に豊河の流れ。

名前:べえべえ 生息地:ほっかいどうでっかいどうはいどうどう 最近はほとんど気楽な食レポが多いです。

北海道ダム巡り 檜山郡厚沢部町字峠下 鶉ダム

鶉ダムは函館と江差を結ぶ国道227号の稲倉石トンネル付近にあるダムで、このダムがある場所は稲倉石古戦場と呼ばれ現在はダム湖の下ですが、明治元年(1686)11月12日に館城攻略を目指す旧幕府軍の一隊と、それを防衛する松前藩の戦闘が行われた地でもあります。

鶉ダムは灌漑を目的とした農業用ダムで堤高52.2m、総貯水容量10000千m3の大きさのロックフィルダムです。

ダム全景が判る写真が撮れないので、下の写真は厚沢部町HPから拝借。

一部しか写っていないのが残念ですが・・・

f:id:ksn-bee:20210810013558j:plain

地理院地図

まずは鶉ダム展望駐車場へ

f:id:ksn-bee:20210810015040j:plain

碧血碑がありますね。函館山にある碧血碑は箱館戦争における旧幕府軍の戦死者を追悼する慰霊碑ですが、ここの碧血碑は松前藩兵の戦死者を慰霊するものです。

建立者は旧松前藩士であり道庁の農業技師である蠣崎知次郎(かきざきともじろう)大正8年(1919)8月に古戦場跡に建立しますが、ダム建設に伴い現在地に移転しました。

題字と碑文は博識であり多才であったことが有名な函館の土子毅 (つちこ たけし)によるもの。(碑文はどこに書かれているのか確認できず)

f:id:ksn-bee:20210810015048j:plainf:id:ksn-bee:20210810015051j:plainf:id:ksn-bee:20210810015054j:plain

稲倉石古戦場の説明板

f:id:ksn-bee:20210810015044j:plain

鶉ダム展望駐車場と言いながら、見えるのはダム湖しか見えませんがな・・・

f:id:ksn-bee:20210810015058j:plain

f:id:ksn-bee:20210810015101j:plain

気を取り直して下流の鶉ダムオートキャンプ場側から行ってみると、ダム堤の半分くらいしか見えず近寄れもできません。f:id:ksn-bee:20210810015130j:plain

f:id:ksn-bee:20210810015123j:plain

f:id:ksn-bee:20210810015127j:plain

川辺の方から撮影しましょうか、と思ったら先客がいました(笑)

邪魔するのも悪いと思い撤退です。

f:id:ksn-bee:20210810015133j:plain

f:id:ksn-bee:20210810015137j:plain

ダムカード

鶉ダムオートキャンプ場の管理楝にていただけます。(午前9時~管理事務所の閉鎖時間まで)

※令和3年シーズンは5月1日(土)~9月26日(日)の営業となります。

f:id:ksn-bee:20210810015217j:plain

f:id:ksn-bee:20210810015220j:plain

↓↓↓その他のダム、ダムカードはこちらから

北海道のダム、ダムカード カテゴリーの記事一覧 - 藻岩颪に豊河の流れ。