page contents

藻岩颪に豊河の流れ。

名前:べえべえ 生息地:ほっかいどうでっかいどうはいどうどう 最近はほとんど気楽な食レポが多いです。

釧路市阿寒町上阿寒 阿寒自然休養村野営場のC11 65

 阿寒町市街地を北に抜け、マリモ国道と呼ばれる国道沿いに「 道の駅 阿寒丹頂の里」があり、裏手の自然休養村野営場片隅にかつて雄別鉄道で活躍していたC11 65号機があります。

北海道で静態保存されているC11機関車は4両あり、その内の1両がこの地にあります。

 駅舎とプラットホームには、車掌車を繋げた状態の機関車が屋根付きで展示され、塗装などこまめに手を入れられてるようで保存状態はまあ良い方です。

f:id:ksn-bee:20200105222003j:plain
機関車後方の離れたところには、以前連結されていた客車が解体されて台車の一部だけ残っていました。

f:id:ksn-bee:20200105222358j:plain f:id:ksn-bee:20200105222401j:plainf:id:ksn-bee:20200105222405j:plain
駅舎には阿寒駅の駅名板がかかっていて、駅舎は旧雄別鉄道阿寒駅を移設したもので、鉄道館として利用されており、今回訪問時は冬季閉鎖中でした。手前の「こたん」とある駅名板とミスマッチなのが残念。

f:id:ksn-bee:20200105222524j:plain f:id:ksn-bee:20200105222528j:plainf:id:ksn-bee:20200105222744j:plainf:id:ksn-bee:20200105222749j:plain
出入り自由なのに計器類はそれなりに残っているようです。

f:id:ksn-bee:20200105222849j:plain f:id:ksn-bee:20200105222852j:plainf:id:ksn-bee:20200105222856j:plain
窯の中はおなじみのゴミだらけ。。。(もうロックして開かないようにすれば?)

f:id:ksn-bee:20200105222948j:plain f:id:ksn-bee:20200105222944j:plainf:id:ksn-bee:20200105223326j:plainf:id:ksn-bee:20200105223329j:plain
ピストン室下部はどの機関車にも言えますが腐りやすいのです。

f:id:ksn-bee:20200105223444j:plainf:id:ksn-bee:20200105223447j:plain f:id:ksn-bee:20200105223450j:plainf:id:ksn-bee:20200105223453j:plainf:id:ksn-bee:20200105223456j:plain f:id:ksn-bee:20200105223500j:plainf:id:ksn-bee:20200105223502j:plain
離れたところには機関車の外観を模した遊具があります。

f:id:ksn-bee:20200105224312j:plain
使われていない人力トロッコ

f:id:ksn-bee:20200105224345j:plain

その他の鉄道保存車両はこちら ↓

北海道の鉄道保存車両 カテゴリーの記事一覧 - 藻岩颪に豊河の流れ。