page contents

藻岩颪に豊河の流れ。

名前:べえべえ 生息地:ほっかいどうでっかいどうはいどうどう 最近はほとんど気楽な食レポが多いです。

札幌市中央区 手作り弁当専門店 弁太 南16条店 ~ドデカ唐揚げ弁当にギブアップの巻~

隔月くらいでくる、唐揚げが無性に食べたくなるときが、今回もやってきました。

いつもの唐揚げ大洋でも良かったのですが、札幌市内には唐揚げで有名な弁当屋さんがまだありまして、この弁太もその中の一つです。

f:id:ksn-bee:20200909225510j:plain

店内には、驚くばかりのバリエーション豊富な、お弁当のサンプルが所狭しと並んでおり、目的なく訪れたら絶対目移りして決められないでしょうね(笑)

f:id:ksn-bee:20200909225516j:plain

f:id:ksn-bee:20200909225521j:plain

f:id:ksn-bee:20200909225526j:plain

f:id:ksn-bee:20200909225529j:plain

f:id:ksn-bee:20200909225533j:plain

f:id:ksn-bee:20200909225536j:plain

f:id:ksn-bee:20200909225540j:plain

実はこのオードブルかなり激安なのです。

f:id:ksn-bee:20200909225543j:plain

Max唐揚げ弁当950円

f:id:ksn-bee:20200909225549j:plain

f:id:ksn-bee:20200909225552j:plain

f:id:ksn-bee:20200909225555j:plain

うん。これは普通にやばいぞ。何キロcalあるんだ?

f:id:ksn-bee:20200909225558j:plain

f:id:ksn-bee:20200909225602j:plain

f:id:ksn-bee:20200909225604j:plain

何やら唐揚げの下には、生野菜サラダとカボチャの天ぷらとマカロニサラダ&お浸しが隠れていました。

f:id:ksn-bee:20200909225608j:plain

f:id:ksn-bee:20200909225612j:plain

ご飯の断面はこんな感じで、大盛り以上の高さですがな。

f:id:ksn-bee:20200909225615j:plain

唐揚げは程よい漬け込みで醤油とにんにくの香りが食欲を誘います。

そして衣もベチャベチャではなく、しっかりと油は切ってあってとても美味しいですね。

美味しいのですけど、流石に半分食べてギブアップです^^;

夕飯もこのお弁当の残りに決定です。

ごちそうさまでした。また唐揚げ気分になったら来ます。

店名 手作り弁当専門店 弁太 南16条店
住所 〒064-0916 北海道札幌市中央区南16条西6丁目1-22
アクセス 札幌市営地下鉄南北線幌平橋駅から徒歩で7分(600m)
札幌市電静修学園前駅より徒歩で約1分(約60m)
電話 011-512-8200
営業時間 10:00~21:00
定休日 不定休

札幌市西区 松屋 西町店 【テスト販売】牛鍋膳ver.2020 9/21実食 ~牛皿小鉢追加で肉祭りの巻~

松屋の牛鍋膳がテスト販売中ということで、北海道でただ一軒だけ実施中のこのお店にやってきました。

f:id:ksn-bee:20200921144807j:plain

今年のバージョンは、小鉢が6種類から選べて自分流にアレンジできる事になりましたね。

f:id:ksn-bee:20200921144848j:plain

どうせならということで、お肉1.5倍「お肉どっさり牛鍋膳870円」にして小鉢は牛皿に。

更に牛皿小鉢100円を追加しちゃいます。

f:id:ksn-bee:20200921144835j:plain

お肉1.5倍でこれですね。結構あります。

鍋は、固形燃料に火をつけて運ばれてくるので、グツグツと熱々です。

f:id:ksn-bee:20200921144838j:plain

ダブルの小鉢を投入!

やば!豆腐が見えません(笑)

f:id:ksn-bee:20200921144841j:plain

うん、美味しいね。

小鉢はつゆ抜きで頼んだほうがよろしいですな。

ツユで鍋いっぱいになるのと合わせて、そもそもがショッパイ。。。

生卵を溶いて付けて食べるのですが、すぐにそれすらも塩っぱくなっちゃうんです。もう一個卵ほしいくらいです。

また、いつまで経っても熱々なので生卵がすぐ固化して無くなり、仕方がなく丼の上に全部載せると、いつもの牛丼になるだけでした(笑)

これ、ご飯の代わりに『うどん』選べたらいいのにね。

やっぱ最後の締めはうどん投入でしょ。

まあお腹いっぱいになったので良しとしましょうか。

店名 松屋 西町店
https://www.matsuyafoods.co.jp/matsuya/
https://pkg.navitime.co.jp/matsuyafoods/spot/detail?code=0000000916
住所 〒063-0061 北海道札幌市西区西町北4丁目1-8
アクセス 地下鉄東西線発寒南駅から徒歩で5分(400m)
他店舗共用駐車場あり
電話 011-668-3113
営業時間 5:00~翌3:00(ラストオーダー 2:30)
※金、土、祝前日は24時間営業
定休日 年中無休

カップヌードル 旨辛豚骨 ~豚骨に辛味をプラスしてちょっとした担々麺風の美味しさ~

9月の初めに店頭に出ていたコレ。

最初見たときは、ラー油追加しただけの安易な発想だなあとしか思っていなかったのですが・・・

f:id:ksn-bee:20200917105502j:plain

f:id:ksn-bee:20200917105505j:plain

f:id:ksn-bee:20200917105509j:plain

結構具だくさんで彩りもいいかな?

f:id:ksn-bee:20200917105512j:plain

やだコレ、なにコレ、すんごく美味しいじゃないの!!

ラー油だけの辛さじゃなく、ホワジャオの痺れもありちょっとした担々麺風になっています。

ちゃんとアクセントに白ごまもあり、特製旨辛ラー油はトウガラシの辛さの他に何があるかと見たら、紅ショウガ? へえ~この豚骨スープに深みを出しているのがコレなのね。

再食必須ですわ。

美味しかったです。

魚べい 白石栄通店 盛岡冷麺 ~侮るなかれ、冷たくコシの強い麺はやみつきになるほど美味しい~

久しぶりの回らない回転寿司の魚べいです。

9月になったというのに連日の暑さに参ってしまい、涼しさを求めて訪問。

お昼にラーメン以外のものが食べたくて行きましたけど、結局はラーメンを頼むことに(笑)

盛岡冷麺 320円(税抜き)

f:id:ksn-bee:20200917111633j:plain

f:id:ksn-bee:20200917111636j:plain

透明感のある冷たくコシの強い麺は絶対にクセになるはずで、スープもそれなりに美味しくキムチ漬けを混ぜると、あらまあ美味しいんでないのコレ。

お寿司をつまみながら、ズルズルっと食べるのにピッタリです。

そして意外とガリとの相性も良いのを初めて知りました。

期間限定なのでもうそろそろ無くなるのかな。

美味しかったです。

札幌市豊平区月寒東 ラーメン山岡家 月寒店で【期間限定】鬼煮干しラーメン ~セメント系煮干初心者には入門編としておすすめ~

また鬼煮干がやってきましたね。過去にすすきので食べたのですが結構な濃厚煮干しでしてお気に入りでした。

f:id:ksn-bee:20200919211121j:plain

札幌にあるセメント系煮干ラーメンの有名店ほどニボニボしているわけでは無いのですが、よく出来たラーメンでして、セメント系煮干が初めての方でも入門編としては良いのかもね。

濃厚な豚骨スープに丁度良く煮干のエグミが隠れる感じで、ガツンとくる煮干が味わえるスープです。

ただ一味唐辛子は卓上にもあるので最初から要らないかも。

トロミがあるおかげで熱々スープのまま最後まで味わえ(このトロミは片栗粉系?)低加水の中細麺が物凄く合っていますね。

熱いスープなので麺は固めコールがおすすめです。

これって、味は薄めコールできるのかしら?やったことがないので分かりませんが、結構味が濃いのでお冷&ライス必須です。

最後は、蓮華に乗せたご飯をスープに浸して食べると、これが旨いのなんの。

ぜひお試しあれ。

セブン限定「日清 濃くてうまいMISO(ミソ)」 ~生姜練り込み麺が織り成す紅白味噌合戦~

先日食べた、濃くてうまいTANMEN(タンメン)と同じく、引き換えクーポンにてゲットしたものです。

www.moiwa-orosi.com

タンメンは結構美味しかったのですが、味噌はどうなのでしょうか。

フタには、「麺までジンジャー 濃厚味噌ラーメン」のサブタイトルがあります。

f:id:ksn-bee:20200917142918j:plain

f:id:ksn-bee:20200917142922j:plain

f:id:ksn-bee:20200917142925j:plain

タンメンと比べると地味な出来上がりですね。

f:id:ksn-bee:20200917142928j:plain

スープは、赤味噌と白味噌をブレンドした味噌ダレに生姜を効かせたもので、味噌と生姜の相性が良いのは誰もが知っているものですね。

なんかどこかで食べた鍋みたいな味わいのスープです。

麺にも生姜を練り込んでいるのですが、スープの生姜の風味が強いのでそれほど麺の生姜感はなく、抑えた感じすらします。

タンメンのニンニクによるインパクトよりは、こちらの生姜味噌による安定感のほうが一枚上手に思えますね。

バランスの取れた美味しい一杯でした。