藻岩颪に豊河の流れ。

名前:べえべえ 生息地:ほっかいどうでっかいどうはいどうどう ほとんど気楽な食レポが多いですが北海道内のダム訪問・ダムカード収集・神社訪問・御朱印収集にも目覚めてしまいました。

室蘭市 鐵原コークス S-205号

鐵原コークス S-205号は北海道室蘭市仲町16番地の株式会社テツゲン室蘭支店敷地内に保存されている蒸気機関車です。

敷地内は立ち入り禁止ですが、市道側からフェンス越しに見る事が出来ます。

株式会社テツゲン沿革(同社HPから転載)

当社は昭和14年に石炭販売を目的として
「明治石炭株式会社」を創立しました。

 創業間もなく第二次世界大戦のため、石炭販売は統制により休止し、その間、日鉄鉱業株式会社の樺太炭移入や、日本製鐵株式会社各製鐵所への原料輸送業務を担当し、昭和18年に商号を「製鐵原料輸送株式会社」と改称しました。

 戦後は石炭販売の再開、室蘭コークス工場の経営、炭鉱の経営を通して、社業の拡充を図り、昭和35年に商号を「株式会社鐵原」と改め、以後の事業を展開しました。平成9年より水処理事業を中心に海外へも事業展開をはじめ、平成14年7月に商号を「株式会社テツゲン」と改称し、未来へ向けて更に一歩踏み出しました。

鐵原コークスS-205

 鐵原コークスS-205は昭和13年日立製作所で製造され、国鉄蒸機全廃後も昭和57年まで同社室蘭工場専用線で活躍しました。

 同社専用線ではS-205とS-304の2両の蒸気機関車が活躍し、S-205昭和13年日立製作所製B型タンク機関車、 S-304は昭和14年日本車両製C型タンク機関車で三笠鉄道村にて動態保存されています。

S-205の保存状態は良好ですが簡易でいいから屋根が欲しいですね。露天状態で朽ち果てていった機関車が多いですから。

 

f:id:ksn-bee:20180721232147j:plain

f:id:ksn-bee:20180721232215j:plain

f:id:ksn-bee:20180721232201j:plain

f:id:ksn-bee:20180721232229j:plain

f:id:ksn-bee:20180721232242j:plain

f:id:ksn-bee:20180721232256j:plain