藻岩颪に豊河の流れ。

名前:べえべえ 生息地:ほっかいどうでっかいどうはいどうどう ほとんど気楽な食レポが多いですが北海道内のダム訪問・ダムカード収集・神社訪問・御朱印収集にも目覚めてしまいました。

【御朱印】札幌市厚別区 信濃神社

二冊目の御朱印帳(札幌市内参拝縛り)のスタートです。

信濃神社から始めたいと思います。

f:id:ksn-bee:20180510152214j:plain

 信濃神社(しなのじんじゃ)は札幌市厚別区厚別中央4条3丁目3番3号にある神社で、旧社格は村社です。札幌市立信濃小学校および信濃公園に隣接します。

信濃(しなの)地区

 信濃とは現在の厚別西・厚別町東町・旭町一帯の通称名で、明治16年頃(1883年)からこの辺りに入植した川西由造、小池嘉一郎らの出身地である信州(信濃)から信濃開墾地と呼ばれたことが基となってます。

 この地名が公的に使われたのは明治26年1893年)の信濃簡易教育所(後の信濃小学校)で他にも信濃中学校や信濃神社などに使われています。

 開拓功労者の頌徳碑(しょうとくひ)が神社境内にあり、永くその地名を留めようとしています。

信濃神社

 明治16年(1883年)長野県からの入植者が諏訪大社より御分霊を奉戴し、祠を建てて祀ったのが始まりです。

明治30年(1897年)川西由造らにより、現在地に御社(おやしろ)創建

昭和4年(1929年)村社となる

昭和19年(1944年)旭町神社を合祀

昭和53年(1978年)社殿を再築

【御祭神】:建御名方富命(たけみなかたとみのみこと)
        開拓者たちの故郷、信濃国諏訪の神。
      八坂刀売命(やさかとめのみこと)
        建御名方の妃神。
      上毛野君田道命(かみつけのきみたみちのみこと)
        合祀された旭町神社の祭神[2]。
      素盞嗚命(すさのおのみこと)
        境内末社牛頭天王社」の祭神

信濃神社(北海道神社庁サイト)

左:大正5年測図地形図 右:現在

f:id:ksn-bee:20180610020522p:plain

f:id:ksn-bee:20180510161947j:plain

f:id:ksn-bee:20180510161956j:plainf:id:ksn-bee:20180510162108j:plain

忠魂碑:1918年(大正9年)建立

f:id:ksn-bee:20180510162157j:plain

合祀碑:1955年(昭和30年)建立

f:id:ksn-bee:20180510162202j:plain

馬頭碑:1954年(昭和29年)建立

f:id:ksn-bee:20180510162209j:plain

山上憶良歌碑

f:id:ksn-bee:20180510162539j:plain

頌徳碑:1938年(昭和13年)建立。河西由造の功績を称える

f:id:ksn-bee:20180510162222j:plain

厚別開基百年之碑:1982年(昭和57年)建立

f:id:ksn-bee:20180510162237j:plain

信濃神社御鎮座百年記念碑

f:id:ksn-bee:20180510162245j:plain

境内末社牛頭天王社

f:id:ksn-bee:20180510165414j:plainf:id:ksn-bee:20180510165422j:plain

f:id:ksn-bee:20180510165429j:plain

f:id:ksn-bee:20180510165432j:plain

f:id:ksn-bee:20180510165435j:plainf:id:ksn-bee:20180510165438j:plain

f:id:ksn-bee:20180510165448j:plainf:id:ksn-bee:20180510165445j:plain

f:id:ksn-bee:20180510165456j:plain

f:id:ksn-bee:20180510165442j:plain

御朱印

拝殿左に立派な社務所と駐車場があり、社務所にて対応して頂けます。

社務所窓口には玄関のチャイムを鳴らしてとか書いてありましたが、窓口の右側にブザーが置いてあったのはあとになって気が付きました・・・

初穂料は300円です。

f:id:ksn-bee:20180510165459j:plain

書き手は若い方になってましたけど、ま、いっか。