藻岩颪に豊河の流れ。

名前:べえべえ 生息地:ほっかいどうでっかいどうはいどうどう ほとんど気楽な食レポが多いですが北海道内のダム訪問・ダムカード収集・神社訪問・御朱印収集にも目覚めてしまいました。


スポンサードリンク
 

ジムニー JB23W 9型 TOYOタイヤ OPEN COUNTRY R/T(オープンカントリー アールティー) 185/85R16 105/103L LTの空気圧に関して


スポンサードリンク
 

ジムニーに昨年の春に今まで履いていた、トーヨー トランパスMT 195R16がMTタイヤ特有の段減りが酷くなりロードノイズも五月蝿くなったので、オープンカントリーR/Tに変えました。

その時、空気圧にチョット悩んだのですが今回TOYOタイヤにメールして確認しましたので、最後に報告したいと思います。

トランパスMT 195R16

f:id:ksn-bee:20180314143243j:plain

トランパスM/T 195R16 104/102Q TRANPATH ジムニー TOYO トーヨータイヤ
by カエレバ

マッド性能もそこそこで、軽いし安いので気に入っていました。

特に1本あたりの重量が他メーカーは13Kg~14Kgが多い中、11.7Kgと最軽量部類に入る優秀さでバネ下重量減に貢献してたのもお気に入りでした。

(バネ下1kgの軽量化は、車両本体で4~15kgの軽量化に相当すると言われています)

けど、摩耗するとやっぱり五月蝿くてシミー現象(直進中ハンドルブルブル)も、段差を踏むと出るようになってから他のタイヤを物色していた所、トーヨーからステキなタイヤが新発売されていて買っちゃいました。

林道しか行かないのも理由の一つです。(MTタイヤはあまり活躍しなくて、目的地に移動中は舗装路の割合のほうが多い)

オープンカントリーR/T 185/85R16 105/103L LT

f:id:ksn-bee:20180314151641p:plain

f:id:ksn-bee:20180314151650p:plain

f:id:ksn-bee:20180314151656j:plain

f:id:ksn-bee:20180314151221j:plainf:id:ksn-bee:20180314151224j:plain

トーヨータイヤ 185/85R16 105L オープンカントリー R/T OPEN COUNTRY 4本 セット
by カエレバ

林道走行でもグリップは何ら問題はなく、特に舗装路でのロードノイズの静かさはとても気に入っちゃいました。(移動中に大音量にしなくても音楽が聞ける!)

急カーブになると両端にあるブロック部のせいか特有の音はしますけど気にならない程度です。

タイヤ重量もジオランダーMTより軽いという話も聞いたことがありますが、正式な重量は現在も分かっていません。

1年履いてあちらこちらに出掛けましたけど(1万kmくらい)、耐摩耗性もいいみたいですよ。

長々とインプレになっちゃいましたが、さて本題の空気圧です。

LT規格タイヤの空気圧に関して。

トランパスMTだった頃は、コーナリング時たわみやショルダー部の偏摩耗が嫌で300kPaと高めに入れてて、オープンカントリーR/Tに交換したときも同じLT規格だし良いかと300kPa入れています。

とりあえずJATMAのLT規格タイヤ空気圧表によると最低260kPaですね。

f:id:ksn-bee:20180314151705p:plain

260kPaより極端に低くするとタイヤがたわみやすくなり、その時にサイドのカーカスが損傷してバーストしやすくなります。

今でもところどころのユーザーブログでLT規格のマッドタイヤなのに純正タイヤと同じ160~180kPaで入れてる方を見ますが、明らかに低いと自分は思いますよ。(偏摩耗はしませんか?ロードノイズも大きくないですか?)

TOYOタイヤにメールしてみました。

内容の転用や二次利用の規制がありダイレクトには載せられなく解釈をざっと書きますけど、

『LT規格のタイヤは最低空気圧以上の運用が前提で作られていて、それ以下での運用はお勧めできませんので260kPa以上での使用を推奨します。』

みたいなことですので、LT規格の空気圧に関しては260kPaを基準にして自分のフィーリングで増やす方向でもいいですね。(自己責任にはなりますけど)

 


スポンサードリンク
 

スポンサードリンク