藻岩颪に豊河の流れ。

名前:べえべえ 生息地:ほっかいどうでっかいどうはいどうどう ほとんど気楽な食レポが多いですが北海道内のダム訪問・ダムカード収集・神社訪問・御朱印収集にも目覚めてしまいました。

芽室町 あかずきんでコーン炒飯

十勝芽室コーン炒飯は芽室町が誇るB級グルメだそうで、その定義も決まっているみたいです。

以下、wikiより転載

1. 正式名称は「十勝芽室コーン炒飯」とする。
2.芽室で作ったスイートコーンをたっぷり使う。
3. 炒飯の味付けは、特製コーンバター(コーンの搾りかす入り)を使用する。
4. スイートコーンはバターしょうゆで味付けをし、すべて後載せにする。
5. 卵2個を必ず使用し、出来上がりは黄色を意識する。
6. お米は北海道産「きらら397」を使用する。
7. スイートコーンを使ったスープを付ける。
8. 新鮮な野菜サラダを付ける。
9. 器は白の丸皿とする。
10.価格は980円以下(税込み)とする。

まあ、興味本位で食べてみたくなり寄ってみました。

f:id:ksn-bee:20180118223752j:plain

f:id:ksn-bee:20180118223755j:plain

f:id:ksn-bee:20180118223803j:plain

きれいなお店ですね。

コーンチャーハンですがノーマルでも良かったのですが寂しそうな見栄えなのでウインナー載せセットで注文しました。

十勝芽室コーン炒飯Cセット(ウインナー載せ)980円

f:id:ksn-bee:20180118224422j:plain

f:id:ksn-bee:20180118224426j:plain

f:id:ksn-bee:20180118224434j:plain

コーンのドッサリ感があって見た目はキレイですね。

味付けはもうちょっとバター醤油味があったほうが好きですけれど、コーンの風味を考えたらこうなんですかね。

炒飯部分は美味しいチャーハンを、今までたくさん食べてきましたので物足りないです。

全体的な味のバランスは良いので、物珍しさとコーンをワシワシ食べたい方にはおすすめです。

ごちそうさまでした。

店名 ファミリーとんかつの店 あかずきん
住所 〒082-0012 北海道河西郡芽室町東2条2丁目2−1
アクセス

JR芽室駅から徒歩4分(約300m)

電話 0155-62-2139
営業時間 11:30~21:00(L.O20:30)
定休日 不定