藻岩颪に豊河の流れ。

名前:べえべえ 生息地:ほっかいどうでっかいどうはいどうどう ほとんど気楽な食レポが多いですが北海道内のダム訪問・ダムカード収集・神社訪問・御朱印収集にも目覚めてしまいました。


スポンサードリンク
 

札幌市豊平区平岸 オリーブ豚丼工房

平岸の豚丼屋さんで訪問するには一番難易度の高い店です。

今までお昼の12時半過ぎに見てもやっていないことが多く、多分開店から1時間以内で数量売り切れ閉店かと。

見極めは店前に出してある黄色いメニュー看板があればやってると言うことだと今日分かった次第です。(後述)

ちなみに駐車場は店前に1台あります。

f:id:ksn-bee:20171206150951j:plain

f:id:ksn-bee:20171206150955j:plain

豚丼特上700円

f:id:ksn-bee:20171206150959j:plain

f:id:ksn-bee:20171206151005j:plain

玄関を開けたら靴を脱いでスリッパを履くシステムのようです。玄関は旅館のホールのような雰囲気で、一番奥のテーブルにどうぞと声掛けが。

奥まで7m位あるのかな?4人がけテーブル2つと小上がりにテーブル4つくらいありました。

席につくとメニューの説明です。並から100円ずつ上がって肉とご飯が増えていくのですね。

特上と注文したら、店主さんが外に出ていき黄色い看板を撤収してますwww

丁度、自分の所で店仕舞いとなったみたいで、これには笑っちゃいました。

しばらくすると炭火の温度が上がったのか厨房では炎と格闘してる店主の姿が。直火焼きは久しぶりなのでワクワクしちゃいます。

出来上がってやってきた丼を見たら盛りの良さが見立ちます。思ったより肉も多く(10枚以上)嬉しい限りです。

味は甘じょっぱいタレの感じがちょうど良くて御飯も美味しいですが、肉がちょっとだけ薄めのロースなので、固くなっちゃいますよね。

早仕舞いが多いので開店直後~12時迄行くのがおすすめです。

美味しかったです。ごちそうさまでした。

店名 オリーブ豚丼工房
住所 〒062-0932 北海道札幌市豊平区平岸2条8丁目1-40
アクセス

地下鉄南北線平岸駅より徒歩約2分(150m)

電話 非公開
営業時間 11:30〜13:30(但し売切れ次第閉店あり)
定休日 日曜・祝日


スポンサードリンク